garota

Top

アトピー、それから。

以前、お家で実行している事を変更していたり、新たに実践していたりする事があるので、追記。

お家で実行している事

*お家では、和食中心。
 →といっても大の野菜嫌いのムスメ、大変です。
  お魚がメインの日多数。

*添加物に気をつけろ!
 →なるべく、なるべく。

*朝のシャワーと保湿をやめた。
 →シャワーを浴びるのも、お風呂も嫌がるので、
 (まぁきっとこの後のクリームを塗られるのが嫌で、全て嫌がっているのだと思う)
  ムスメの負担を少なくするため、自分の負担を少なくするため。
  本当に、随分とお互いのストレスがなくなったと思う。

*夕方のお風呂後の保湿、薬をやめた。
 →朝のシャワー後もそうだったんだけど、あの手この手でムスメの気をそらせ、
  保湿クリーム等をぬるのが、しんどかったので、
  今は「あー楽!」と毎回声に出して言いたいくらい。

*ルイボスティを飲む
 →アルカリイオン水をやめて、家族みんなでルイボスティを飲んでます。
  お友達からの情報で、アトピーにいいらしい。との事。
  まだまだ効果はわからないけど、ムスメも私も好き。
  夜中に起きた時も、「おちゃ くーだーさいっ。」と言うムスメ。
  食事等に使う水は、ブリタで浄水したもの。(これは、ムスメが産まれる前からだけどね)

*オムツが完全にはずれた
 →寝てるときもたまにオムツのムスメだったけど、これで蒸れなく安心ね。

*掻いていい!
 →これが一番言いたかった。そう、掻いていいのです。
  ムスメと一緒にお風呂に入っているとき、背中が痒くて無意識に掻いていた私。
  それを見たムスメが、心配そうに「ママー、痒いの?」と聞いてきて、ハッとしました。
  誰だって、痒ければ掻く。痒いのに、掻かないなんて、無理!
  
今参考にしている本は、こちら↓。
f0131255_819284.jpg
子どものアトピーは自然に治す です。
本当に読んで良かった。大袈裟ではなく、救われたのです。
納得行く部分ばかりで、なぜ?という部分が私にはありませんでした。
著者の体験談。というのは大きい。説得力が違います。






こんなところでしょうか。
実践していての、それからのムスメのアトピーはというと、、、
あまりよくなってません。むしろちょっと悪化しているかもしれない。
でもね、ストレスが減ったのが、本当にいいと思うのです。
まだ保湿をやめて、2週間。
夜中には相変わらず起きて、2時間くらい「ママー、ここがかゆい。かいてぇー」と訴えるムスメ。
前半1時間はきちんと付き合って、さすったり掻いたりしてあげるけど、
こちらも眠い。なので後の1時間は、うとうとしながら適当に。
なので、朝起きると肌着が血まみれなのは、しょうがない。
毎日雨ばかりで、外で体を動かす機会が減っているのも、
夜中にたっぷり起きている要因かなと、勝手に思っています。

もうすぐお姉ちゃんになるムスメ。
きっと沢山頑張ってくれることでしょう。

f0131255_13141997.jpg



2014.4月現在

春になって、関節部分がかゆくて、ぼりぼりとかきむしって、
あらら、肌がボロボロです。でもこの症状、春だけなのです。
季節の変わり目だからだと思います。
娘は年中さんになり、お昼寝がなくなったのも手伝い、朝までぐっすり。
今はルイボスティはお休みしていますが、個人的に好きなので、
次回は春先から飲み始めようと思います。これで来年の春がどうなるかですね。
効果はまた記載します。
気を付けている事は、やっぱり添加物。
どうしたらいい?と思う方は、買いたい物があったとき、
AとBを見比べて、添加物が少ない方を買う。という事からはじめましょ。
あとは、訳の分からない名前のものが入っているものはなるべく買わないように。
食品の裏の表示を見てみてください!やけに長持ちするものは色々入ってますよ。
手作りが一番なのです。ただ使う調味料等の表示も見てみてください。
フライパンはテフロンから鉄フライパンに移行中。
電子レンジは引っ越してすぐに処分してしまいました。

こんな感じでしょうか。。。
息子は肌がよく腫れてしまう体質ですが、アトピーはないようで一安心。
なんでも良く食べています。

[PR]
by nanaconana | 2012-07-01 14:00 |  diary